2022年10月06日
NEWS

株式会社リバネスとの連携によりマレーシアのベンチャー企業・ものづくり企業・大学・政府機関等が当施設を視察!

株式会社リバネス主催のツアー「Japan Agri Tour」により、

マレーシアのベンチャー企業・ものづくり企業・大学・政府機関等12名の方がKicSpaceHANEDAを視察しました。

 

   

 

 株式会社リバネスは、これまで日本と東南アジアとの繋がりにおいて様々な取り組みを行っています。両国において、大学、企業、政府機関と連携した技術シーズの発掘育成、ベンチャーハンズオンを行い、国境を越えた連携や新規事業創出のための場を作っています。

 

 研修プログラムJapan Agri Tourは、「日本のアグリ分野における科学技術を探る」ことを目的として開催し、ベンチャー企業、大学、インキュベーション、実証施設等を訪問し、日本のアグリ分野における最新の技術や研究、イノベーションのトレンド、エコシステムについて学び、ビジネスチャンスに役立てる取り組みです。

 

当日のプログラムの主な内容

きらぼし銀行

KicSpace HANEDAの取り組み

アイ・イート株式会社

宇都宮大学発ベンチャー企業。農業作業支援ロボットのデモンストレーション。

株式会社ACSL

産業用ドローン開発。

BioLED Technology Sdn Bhd

Universiti Sains Malaysia (USM)のスタートアップ企業。農業用屋内LED照明の開発、イチゴの屋内栽培、植物組織培養技術の開発。

HICity見学

Future Lab HANEDAの見学 川崎重工ロボットディビジョンが運営するロボットレストラン。

Pio PARKの見学 実証実験とものづくりをサポートする施設見学。

 

 

 

KicSpaceHANEDAの機能をご説明し、マレーシアから来日された12名のベンチャー企業・ものづくり企業・大学・政府機関等などとの関係を築くことができました。これを機に、さらに世界に一番近く、そして世界から一番近いインキュベーション施設として、日本だけでなく海外のベンチャー企業にも開かれた「スペース」としてますます成長して参ります。

 

今後も、株式会社リバネスと連携して海外企業を日本に誘致するための活動を行い、ビジネスチャンスを世界に広げていきたいと思っています。

 

▼株式会社リバネスのニュースリリースはこちら

Japan AgriTour: Exploring Agricultural Technology in Japan

FACILITY ACCESS EVENTS